子供の身長を伸ばす為のセミナーを開催します

子どもの身長伸び伸びパーソナルトレーニング協会の代表理事をされている阿知波さおり様とのコラボセミナーを開催いたします。

【子供の成長痛は伸びてない証拠!?】

「成長痛」を理解して子供の身長を伸ばしていく!

「子供の身長がなかなか伸びなくて心配…」

「子供の身体の成長についてもっと知りたい」

「子供の身長を伸ばしたいけれど何をしたらいいか分からない」

という方に非常におすすめのセミナーになっています。

成長痛とは

成長期の子供に多くみられる痛みの総称で、骨の骨端線といわれる骨が成長する部分での炎症です。

また、骨の成長に筋肉が追いつけず、骨に筋肉がついているところ(付着部)が引っ張られ、炎症を起こします。

これが膝で起こったのが「オスグッド」と呼ばれるものです。

オスグッドとは

多くは10~15歳の成長期の子供に発症します。

膝の脛骨と呼ばれる骨には、脛骨粗面といわれる部位があり、そこには前腿の筋肉「大腿四頭筋」が「膝蓋腱」となり付着します。

大腿四頭筋は、主に膝を伸ばす働きを持っています。

膝を伸ばすことの繰り返しにより、大腿四頭筋が緊張し、付着部である脛骨粗面の成長線に過剰な負荷がかかり、炎症を引き起こします。

この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期で、骨自体が柔らかいため、重症化すると骨が剥がされる「剥離骨折」を引き起こしてしまいます。

オスグッドを引き起こす多くの子供は、バスケットボール・バレーボール・サッカー・テニス・野球・陸上などのジャンプやダッシュが多い競技でよく見られます。

また、水泳やダンスなどでも起こり、どの競技でも見られます。

軽度な場合は運動ができるため、痛いながらも練習を休まず続けている方がほとんどです。

無理して運動を行っていると先述したように、重症化し、剥離骨折を引き起こします。

また、痛みによって練習効率が悪くなり、パフォーマンスの低下も見られます。

更には痛みをかばってしまい、体の歪みや、新な怪我のリスクも高くなってしまいます。

成長痛は予防できます

一般的な知識では「成長期に一気に身長が伸びると成長痛が起こる」「成長痛は身長が伸びた証拠」だと思われています。

また、特に男の子のお母さんで息子さんの成長痛を「背が伸びてよかったね!」と喜ばれる方もいらっしゃいます。

ですが、実は成長痛は「身長が伸びていない証拠」なのです。

そして、当たり前ですが膝がとても痛くなるので、ご本人は正直嬉しくない、というお子様が多いと思います。

成長痛が無いようにお子様の身長を伸ばしてあげませんか?

成長痛の原因と成長痛を起こさない身長の伸ばし方をセミナーではお伝えくださいます。

ご興味のある方は是非ご参加ください。

下記URLの「チケットを申し込む」から参加のお申し込みができます。

https://peatix.com/event/2583529/view

投稿者プロフィール

wpuser