「健美互根」と陰陽五行オイルトリートメント

「健康」と「美」の両立

東洋医学には「健美」という言葉があります。

美容は身体の健康な状態であって、はじめて成り立つものだという考え方です。

お肌も内蔵も、すべて同じ体のつながった一部であり、どちらも私たち自身の体そのものですので、切り離して考えることが難しいところもあります。

しっかり、じっくりとつくりあげた『健美』状態は、表れた効果も比較的持続するものであるとされています。

「美容」と「健康」との相互関係は東洋医学の理論が明確です。

東洋医学理論の基礎である「陰陽五行学説」において、目に見える物質的なものは「陰」で、目に見えない機能的なものは「陽」に帰属されます。

人体では、肉体(物質)は陰に属し、生理活動(機能)は陽に属すのです。

したがって、物質と機能は「陰陽互根」によってお互いの存在が維持されています。

人体の生理作用(=陽)は臓器や器官などの物質(=陰)の運動によって正常に営まれ、同時に、正常な生理機能によって物質代謝が行われることで臓器や器官の運動が維持されるのです。

健康と美について

健康とは、人体の「機能」の質が正常であることを意味します。

そして、美とは人体の「物質」としての質を外見から評価したもの、という事ができます。

つまり、人間の健康状態は外見に反映されるため、外見の美が損なわれている場合は健康上の問題が生じているものと認識されるのです。

頭痛・肩こりの治療の後に「顔色が良くなった」や「くすみやシワがなくなった」などの二次的な効果を実感したり聞いたことはありませんか?

また、逆に肌の調子が悪いと思っていたら、実は胃や腸に異常があった、という事もあります。

これこそが健康と美容の「陰陽互根」によるものなのです。

つまり、「健美互根」とは、「長寿」「健康」「美しさ」は互いに関連しあうものでそのどれもが大切で有り、どれかが欠けると全ては成されないもの、と解釈することが出来ます。

セドナメソッド

私たちセドナ鍼灸治療院では、肩こりや腰痛、骨折、捻挫から、通常の整骨院では取り扱う事の難しい、「頭痛」や「めまい」など自律神経系の不定愁訴まで幅広い症状に対応してきました。

そのような症状を診ていくうちに、患者さんから「頭痛の施術を受けたら小顔になった」「腰痛治療を続けていたらウエストが細くなった」などの反応を頂く事が多くあります。

実は当院が行っている頭痛や目迷いの治療の中には「美容」の大切なメソッドが含まれているのです。

膨大な量の治療経験を通して私達、セドナ整骨院でもより多くの患者さんに「美」と「健康」を提供し、「健康になりながら美しくなる」というコンセプトを掲げています。

陰陽五行オイルトリートメント

東洋医学に基づいてブレンドされた、Dr.エバーハルト社の「ジェムストーンアロマオイル」とセドナメソッドを組み合わせた「陰陽五行オイルトリートメント」は体質改善を目的とした当院オリジナルの「メディカルハーブ療法」です。

そして、上質なオーガニックの植物油と精油のみを使用していますので、植物油の保湿作用が皮膚の奥深くまで浸透・保湿し、精油の作用で肌を整えてくれます。

出生年月日・時刻から四柱推命を基に、ご自身が生まれ持った五行のバランスを読み解き、体質チェックシートで現在のお身体のお悩みを把握します。

そして、その両方を踏まえてお一人お一人に合わせたオイルを選び、施術を行います。

「健康」と「美」の両立をかなえたい方、オーダーメイド治療のオイルトリートメントにご興味のある方、是非ご相談ください。

投稿者プロフィール

wpuser

前の記事

呼吸の重要性

次の記事

秋の不眠