美容鍼灸

セドナ美容鍼灸が「くすみ肌」や「目のくま」に効く理由

お肌の調子を整えたい。肌のくすみやくまを何とかしたい。

そんなときにカリスタ美容施術では、顔の表面・首・肩へ幅広く鍼を施します。これは顔面・首・肩と繋がっている皮膚や筋肉のコリをほぐすためです。でも、なぜこんな施術の方法を取っているかご存じでしょうか?実は、首や肩のコリをほぐしていくことが肌質の向上に効率が良いからなのです。

なぜ肌の調子は悪くなるの?原因は主に「血行」にあります

肌のトラブルは摩擦や日焼けなどの直接的な刺激が原因となっている場合もありますが、実は主な肌トラブルの原因は「血行不良」です。血行が良い状態では血液の色が皮膚にも反映され、健康的なピンク色の透明肌を得られますが、特に肌の薄い箇所、例えば目元の下などは血液の色がよく反映されるので、血行不良であると色が悪くなり、それがくすみや「くま」と呼ばれる黒ずみになります。

また、血行不良のままでいると肌のターンオーバーが遅れ、さらに透明肌からは程遠い肌になってしまうのです。

「血行不良」となる原因は?

肌の透明度を左右する血行ですが、血行が悪くなる原因には例えば月経の不調が挙げられます。「生理前になると肌がくすみやすい」と感じておられる女性も多いように、月経が不調のときは血行不良になりやすいため、肌もくすみやすいです。

また運動不足も血行不良となる原因の一つ。手足がいつも冷えている人は血行が良くない証拠です。

そして中でも顔の肌の血行が悪いときは、特に顔面や首・肩のコリに原因がある場合があります。コリは血行を妨げ、肌への浸透を邪魔してしまいます。コリを鍼によって改善することで肌のくすみやくまなどのトラブルを改善していきます。

部位別にみるコリの原因…①顔面のコリ

あごを噛みしめる癖がある人や、寝ているときに歯ぎしりをする人などは顔面のコリがよく見られます。アゴの筋肉を酷使すると筋肉から繋がる筋膜を伝って顔面のコリになってしまいます。

部位別にみるコリの原因…②首のコリ

近年ではスマートフォンやパソコンの普及により、首の前方がコリになる人が急増しています。特に仕事で使用する人、家で長時間画面を見てしまう人は、1~2時間を目安に休憩を入れるように注意してみましょう。その際、少しだけでも腕を使って肩甲骨を回す運動や首のストレッチを取り入れてみると効果的です。

全ての部位は繋がっているからこそ全身をトータルケアするセドナ鍼灸治療院へ

肌のくすみを改善するには血行を良くすること、血行を良くするためには顔や首肩のコリをほぐすことが大切であるとお分かりいただけましたでしょうか。

ただお顔に鍼を施すだけではありません。頭蓋骨の歪みの矯正や、背中、お腹、足にある経穴(ツボ)を使用してコリの原因であるストレスを取り除くことも可能です。