脂質を理解して健康への一歩を

脂質とはタンパク質、炭水化物と並んで三大栄養素の一つです。主な機能はホルモンや細胞の膜、核膜を構成したり、皮下脂肪として臓器を保温、保護してくれる事ですが実は炭水化物、タンパク質は1gあたりのエネルギー量が4kcalなのに対し脂質は9kcalと効率の良いエネルギ―源でもあります。

脂質の役割を知り、正しく摂取することで自律神経の調整をしていきましょう!

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

脂質には構成している脂肪酸の分類で飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸は牛乳やラード、ココナッツオイルなどから得られる脂肪のこと。過剰に摂りすぎると悪玉コレステロールを滞らせて動脈硬化の原因になります。

不飽和脂肪酸は更に、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸と細かく分類でき、それぞれオメガ6(n-6系脂肪酸)とオメガ3(n-3系脂肪酸)というように分けられます。また、多価不飽和脂肪酸は体内で合成する事ができない為、必須脂肪酸と呼ばれています。

これらの分類の中でも特に重要なのがオメガ3と言われるn-3系脂肪酸です。

サバやマグロ、サンマなど魚類に多く含まれるDHAやEPAは脂質の中でも脳内に向かう栄養であり、神経伝達物質の一種であるセロトニンの量を増やすため副交感神経を刺激して自律神経のバランスを整える働きを持ちます。

また、女性ホルモンの原料はコレステロールです。脂質を制限してダイエットをしている女性は女性ホルモンの生成が減ってしまい、ホルモンバランスが崩れがちになってしまうため注意が必要です。

脂質と聞くとコレステロールなど、良くない栄養素だと思いがちですよね。

実際にファストフードやバター、マーガリンを使う洋菓子などにはトランス脂肪酸という心疾患のリスクを高める脂質分が多く含まれています。

それでも前述した通り、必須脂肪酸と言われるように摂取した方が良い脂質もあります。大事なのはどの栄養が良くて何が悪い脂質なのかを見極めることにあります。

大根おろしを添えて消化の手助けも!

なんとなく体によさそうだからとオリーブオイルや大豆油、流行りのMCTオイルばかり摂ってはいませんか?もちろん正しく調べたうえでご自身に合った油を選ぶ事ができるとより健康になる事は出来ますが、毎回どんな栄養が自分に合っているか調べたりするのも手間ですよね。

理想は朝ごはんに焼き魚や卵などを食べると一日の始まりから元気に身体を動かすこともができるでしょう。

セドナ鍼灸院では骨盤調整や中々治らない腰痛、肩こり、病院に行ったけど原因が分からなかった自律神経の乱れによる体調不良や不妊・逆子治療など多くの患者様にご来院して頂いていますが食事を気にしているけど体形が変わらない、体重が減らないなどダイエットを頑張る方への運動療法、食事療法も行っています。

どんな些細なお悩みでも私たちは全力で対応致します。皆様のご来院をお待ちしております。