糖質を上手に操る!

糖質とは、私たちが普段の食事の中で一番摂っている栄養素です。正確には炭水化物の中でも食物繊維を除いたと総量を糖質と言います。

主に穀物やイモ類に含まれて身体、脳の活動のためのエネルギー源になる栄養であり、タンパク質、脂質とならんで三大栄養素と言われ私たちが生きていく上では欠かせない栄養です。

近年ではこの糖質の量を減らした糖質制限ダイエットが流行していますが、誤った方法で行えば逆効果になってしまいます。正しく栄養についての知識を得る事で安全にダイエットをしていきましょう。

Set of gluten free products. Grains, noodles and bread

糖質のしくみ

糖質は体内に吸収されると素早くエネルギーになり、脳や身体全体に血液と共に運ばれます。このエネルギーを主に消費して私たちは日々生活、運動をしています。しかし自身の代謝能力より過剰に摂取した糖質は中性脂肪として体内に蓄積され肥満の原因になります。

さらに気を付ける必要があるのが血糖値についてです。血糖値とは体内にある糖質(グルコース)の濃度を指します。血糖値は食事をすることで上昇しますが、過度な上昇を防ぐためにすい臓からインスリンというホルモンを放出して血糖値の上昇を防ぎます。

普段から糖質の多い食生活が続くと上記のインスリンがすい臓からの放出量が減少したり、そもそも血糖値が減りにくくなってしまいます。この状態が続くと糖尿病などの生活習慣病や心筋梗塞・肝硬変といった命にかかわるリスクもあります。

では逆に、糖質の摂取が少ない場合のリスクも見てみましょう。

血糖値が低い状態、すなわち低血糖は糖尿病患者に多く起こりやすい症状ですが、糖尿病でない人でも食事量が少なかったり、空腹での運動や長時間の運動中、後に起こりえる症状のため注意が必要です。

症状は軽微なものでは手足の震えや顔が白くなったり脈拍が早くなるなど、交感神経が刺激された症状が出現します。症状が強くなると頭痛、目のかすみや集中力の低下などが見え、更に血糖値が下がると痙攣、昏睡状態になってしまいます。この状態は大変危険で命にかかわる事なので低血糖症状が出た場合はできるだけ早い段階で対応をする必要があります。

G.I値を活用しよう

低血糖症状を防ぐためにも、血糖値の上がりやすさを示したG.I値という数字を覚えてみましょう。

G.I値とは摂取した糖質が体内に吸収されるスピードを表した数値で、この数字が高いほどエネルギーとして吸収が早く、血糖値も上がりやすくなります。

例えば、スポーツ中の栄養補給などにはバナナなどG.I値が高い方が適していますが、普段の食事ではG.I値が低い、蕎麦や玄米などに代えてあげることで血糖値の過度な上昇を抑える事ができます。

お米やパンを主食としている私たち日本人にとってこの糖質との付き合いは非常に大切なものになります。正しく摂取することで健康にダイエットを進めたり、スポーツや仕事のパフォーマンスを上げる事ができます。

しかし糖尿病が現代の生活習慣病とされているように糖質との付き合い方は難しく、一人で糖質制限ダイエットなどに挑戦してみても失敗してしまう事も多いです。

セドナ鍼灸治療院ではご来院された方々の骨盤や自律神経の歪みのチェックのほかにも栄養指導や運動指導も行っております。

部活動などのを頑張っている学生の方や親御様からのご相談もご気軽にお寄せ下さい。